スポンサードサーチ

くらしグッズマガジンのくるくまです。いかがお過ごしでしょうか。
3歳の男の子であるうちの子が幼稚園でおむつが外れました(うちの中ではまだです…)

 

毎日、幼稚園に布のトレーニングパンツをはいていくようになり、購入時に気づいた点やメリット、デメリット、はいてくれたポイントついてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

トレーニングパンツについて普通のパンツとの違いやデメリット、購入時に困った点、はいてくれたポイントについて紹介します

トレーニングパンツとは

トレーニングパンツとは、子どもが排泄をオムツから、トイレに切り替える際、普通のパンツを使う前に、練習用ではくパンツのことです。

布タイプと紙タイプの2種類があります。

 

布タイプのパンツ

普通のパンツとの違いは、防水素材やパイル素材を使い、層構造になっているところです。層構造にする事で少々のお漏らしであれば、吸水してくれて、床の濡れを防いだり軽減することができます。

普通のパンツでの軽いお漏らしの際、とジャーと床が濡れるのが、3層だと、伝い漏れやパンツが濡れる程度に変わります。
3層タイプと4層タイプと6層タイプが一般的です。4層と6層タイプは使った事がないので分かりませんが、6層タイプは、洗濯の時、少し乾きにくいとの情報もありました。

 

紙タイプのパンツ

1回のおしっこで、内部がぬれて不快な感覚になるそうです。(まだ使ったことがなくて)洗濯の手間がかからず、1回分では漏れないようにつくられているものが多いです。(吸水性はあまりよくないそうです)
また、布タイプの方が不快感が強いようです。(量によってはズボンまで濡れますので)

紙トレーニングパンツと紙オムツとの違い

紙オムツは使用しても通気がよかったり、不快になりにくい工夫がされていますが、トレーニングパンツは濡れるとわざと不快になるように作られています。

トイレでの排泄をうながすためですね。また、何回かのおしっこには対応できるものの吸水性が高いものではありません。

オムツのままトイレトレーニングではだめなの?

自宅で成功していないので(涙)、幼稚園でのトイレトレーニングについてしかお伝えできないのですが、まず、オムツのまま、先生とトイレに行って用を足す練習をしていました。で、慣れてきたら、午前中だけ布のトレーニングパンツで過ごし、少しずつ布のパンツの時間を増やしていく方式ではずすことに成功していました。

先生に伺ったお話では、家庭と違っておしっこを漏らすという経験が、幼稚園の設備だとわりと自由にできるので(誰もとがめないし、掃除もしやすいつくりだし)感覚を掴みやすくおむつはずしがとてもしやすいとのことでした。

不快感が成功のカギなのかもしれませんね。

いつまでトレーニングパンツを付ければいいのか

調べた限りにはなりますが、トイレを完全に覚えたらはずしてよいそうです。ただ、昼間より夜間のオムツははずれにくい傾向にあり、昼はパンツ、夜間は普通のパンツタイプの紙おむつを使い、毎朝全く濡れない状態になってから、夜間も普通のパンツに移行される方や、トイレを覚えるのが早く、1〜2週間でさっさと外してしまう子もいたり、個人差も大きいようです。夜中に子どものおねしょで家族総出で起きて対応するのは、親も子も大変とのご意見もありました。

トレーニングパンツを使うメリット

少量なら吸収してくれて、本人が不快感も感じられるところでしょうか。うちの子は帰りの幼稚園バスで30分以上ゆられて帰ってくることもあり、今のところこちらがよいかなと思っています。
布タイプか紙タイプが迷いますが、布タイプの方がしっかり濡れてこどもも自覚しやすいとの情報が多かったです。

トレーニングパンツを使う欠点

布パンツの場合、すこし普通のパンツより価格が高めなことです。使うなら何枚か買う事になるので、トイレトレーニングが終わり、すぐ使えなくなるのであれば、もったいないと考える方もいるかと思います。

我が家の場合は、幼稚園からの希望もあり、布タイプを購入しました。

持っているトレーニングパンツ(3層)が普通のパンツと見た目そこまで変わらないので、上手に家でトイレにいけるようになっても、当面サイズがあがるまで使おうかなと思っています。

園からの指示が無く、家での掃除の手間が全く気にならなければ、普通の布パンツの使用でも大丈夫かと思います。

どれくらいの価格で何枚くらい買えばいいのか

価格は、布タイプが3枚セットで2000円程度が目安かと思います。紙タイプが20枚程度で1500円程度です。

主観ではありますが、まず、1セット買ってお子様の様子を見るのはいかがでしょうか。布タイプで幼稚園などに渡す場合は、プラス1セットくらいあってもいいかもしれません。(うちの子の場合、2枚ぐらい幼稚園置きになっているので)
はいてくれるかもわからず、また以外と早くオムツがとれてしまうお子さんもいるようなので、状況を見ながら調整されるのがおすすめです。

サイズ90以上は売っていないお店も

うちの子は、布タイプの現在サイズ100を使っています。

普通のパンツやおむつに比べ、布タイプのトレーニングパンツは、希望のサイズを置いていない店舗も多かったです。

ショッピングセンターやイオン系列店でも小さめのお店では、布のトレーニングパンツは取り扱っていないまたはサイズ90以上は置いていないと何度か言われたことがあります。

販売店の場合、おすすめは、西松屋(タグに名前を書く欄がついているものも多くて好きです) やしまむらです。ネットショップも取扱いが多くていいですね。

また、紙の方が薬局なども含め、手に入りやすいかと思います。

お気に入りの柄のパンツ

先日、幼稚園の個別懇親会(個人面談)に行ったのですが、先生とこんな話になりました。

先生

最初は、お子さんもパンツをはくのもいやがっていましたが、お友達も一緒のかわいいお猿のジョージのパンツをはいてるねーって伝えたら、はくことができて、そこからは嫌がらなくなりました。

お気に入りのパンツが見つかると気分も上がっていいですよね。

他の子もお気に入りのパンツを毎日洗ってもらって持ってきてましたよ!(よれよれになるくらい)

うちの子とその子だけかもしれませんが、気分が上がる好きな柄のパンツが見つかると頑張りやすいのかもしれませんね。
※こちらが話の中のジョージのパンツです。

まとめに

まとめると、

 

・トレーニングパンツとは子どもが排泄をオムツから、トイレに切り替える際、普通のパンツを使う前に、練習用ではくパンツ。

・紙タイプと布タイプの2種類がある。

・布タイプは防水素材やパイル素材の層構造になっており、軽いお漏らしの際、床が濡れるのを、伝い漏れやパンツが濡れる程度に軽減してくれる。

・紙タイプは漏れないように何回分か吸収してくれるものが多く、濡れた際、わざと不快感を感じるように作られている。

・価格は3枚セットで2000円程度が目安。

・1セット買って様子をみるのがおすすめ。布タイプを幼稚園に預ける際は2セット(6枚)程度

・布のトレーニングパンツは、普通のパンツやオムツに比べ取り扱い店舗が少ないと感じた。(行くなら西松屋やしまむらがおすすめ)

・お気に入りの柄のパンツは、気に入ってはいてくれる可能性があるかも。

 

でした。

 

トレーニングパンツをお探しの方はお気に入りのものが見つかるといいですね。検討する参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事