スポンサードサーチ

麺・魚・肉料理がお好きな方、調理の際、菜箸をよく使われている方に、おすすめのアイテムをご紹介します。
それがこちら。

↓↓

スポンサーリンク

シリコン キッチントング

キッチントング

キッチントングはお料理する際、菜箸だと不安定になりやすい食材をつかむとき(麺やお肉のかたまりやお魚など)便利な料理グッズです。

しっかり掴める!

料理中、菜箸を使っていると、焼きそばやパスタなど麺類を掴んで、お皿に移す際、つるっとすべっておちたり、量を掴めないことがあります。(私が不器用だからなのか….)そんなときもトングだとしっかりつかむことができます。
また、かたまりの牛肉を焼いたとき、(豪華な気分で!)焼き方を調べたところ、旨味がにげないように、肉の側面から焼くのがポイントとのこと…。菜箸でお肉を立てて焼いたところ、安定せず、手とお肉がよろよろと動くのでした。そんなときもトングがあると、がしっと掴めて作業がしやすいですね。魚をひっくり返すときも便利ではないかと思います。

シリコンタイプは耐熱性があって傷つきにくい

食材をはさむ部分がシリコンタイプのものは、鍋やフライパンに傷がつきにくくてよいです。(菜箸だと結構傷が…)シリコンタイプの傷つきにくさが快適で、我が家では、おたまやフライ返しもシリコン製のものを使っています。(カインズで購入しました)また、シリコンタイプは熱に強いのもポイントです。(樹脂タイプだとフライパンの熱で溶ける場合も)

たためるタイプのものがおすすめ

使い終わったあと、開いたままのトングは場所をとるので、(イライラします)折り畳めるタイプがおすすめです。私が使っているものは、トングを閉じて、後ろの丸い部分を引っぱり、固定します。閉じた状態で固定できると、引き出しに入りやすく、取り出しやすいです。

セリア(100円ショップ)にも

セリアでもシリコンタイプのキッチントングが売っていたので(まだ売っていれば)そちらで使用感を試されるのもよいと思います。私は、使っているうちにロックする部分を壊してしまったので、viv キッチンシリーズのシリコントングを購入しました。(私の使い方が荒いのか、それとももろかったのかは、わかりません。)

 

シリコントングは、菜箸、お玉、フライ返しとともに我が家のスタンダードになった商品です。(きちんと試して、我が家でヒットしたもの以外は紹介しないつもりで、このサイトを作っています)菜箸で苦戦している方は是非ともお試しくださいね。

 

viv キッチンシリーズ キッチントング

viv キッチンシリーズ シリコントング【あす楽対応/ダークレッド/ブラック】

価格:1,040円
(2017/8/27 17:14時点)
感想(6件)

セリア Seria

http://www.seria-group.com/

スポンサーリンク
おすすめの記事