スポンサードサーチ

くらしグッズマガジンのくるくまです。いかがお過ごしでしょうか。

先日、家族で志摩スペイン村に行きました。

幼稚園からの紹介で、名鉄観光四日市支店の格安でONEDAY入場券をゲットしたためです。

(7/14と7/21のみ入場料が大人5100円→大人も子どもも1500円になるという優れもの!でした。)

時間が足りず、あまり乗り物には乗れなかったものの、うちの子は水遊びにおおはしゃぎ!
なかなか帰りたがらず、楽しい夏の思い出になったようです。

詳しく紹介したいと思います!

スポンサーリンク

志摩スペイン村で水遊び!着替え場や子ども用トイレもあってこどもに優しい遊び場でした。

水遊びスポット1:ウォーターシンフォニー

カルメン通りにある水が音に合わせてランダムに吹き上がる遊び場です。

(スペイン村内では真ん中あたりの地区、マヨール広場の少し先のあたりです)

何箇所も水が吹き出す場所があり、音楽に合わせて踊っているかのような動き。

どの吹き出し口から水が出るかわからないので、うちの子も噴水が上がる場所を探し回ったり、突然吹き出す噴水に驚いたり、終始走り回って笑顔でした。

2歳くらいでも大丈夫ではないかなと思うほど、水量も少なめで、かわいい水の動き。

低年齢から楽しめそうな施設でした。

着替え場について

周辺に専用の独立した着替え場はないものの、トイレが充実していました。

子どもサイズのトイレや、着替えスペースまで。

近くのトイレにも着替え台がありましたよ。

こどもサイズのトイレはうちの子も嬉しそうに安心して使うのでよかったです。

水遊びスポット2:チャプチャプラグーン

これは、おおはしゃぎでした。

くるぶしくらいまで水があり、数カ所から勢いよく噴水が吹き上がります。
全身ずぶ濡れで楽しそうに走り回っていました。

奥にはイルカの像もあってちょっとしたフォトスポットになっていました。

手を出すと水が出てくる樽も。

楽しそうに顔洗ってたなあ…。

夕方くらいに行きましたが、ちょうどよく涼めたようです。

ウォーターシンフォニーもそうですが、並ぶことなく気軽に遊べて楽しめるのはいいですね。

着替え場について

近くに専用の着替え場があるのでとても便利です。

チャプチャプラグーンのまわりがベンチなので、荷物を置いて見守ることも。低年齢のお子さんはしっかりついていてあげるのがよいと思います。

水着について

水着を着用しなければならないというわけではないですが、

遊ぶお子さんは、水着をもっていった方がいいです。

(噴水を浴びてずぶ濡れになります。)

うちの子は水着の上にTシャツ来てました。

タオルと替えの服も持参するといいです。

大人は、普通の服の方が多かったですね。

スネくらいまで濡れてもいい格好で出かければよいかなと感じました。

一緒に遊ぶのであれば濡れてもよい格好で楽しむとgoodです。

志摩スペイン村での暑さ対策

お店は多くありますが、基本的に屋外なので、こまめに水分をとったり、帽子も絶対忘れず過ごしたほうがいいです。(志摩スペイン村でも帽子が売られていました)

いけなかったですが、カルメン通りに「氷の城」という氷点下の世界を体験できる施設も。

涼しく過ごせそう!

かき氷を食べて涼んだり、濡れたら冷たくなるタオルも便利でしたよ。

下記写真はカフェミカサのミックスフルーツフラッペ。

並び時間長かったです。そのほかにも園内ではかき氷やジュースなど冷たいものも様々なお店で売られています。

水で濡らすと冷たくなるタオル

うちの子はずっと肩からスヌーピー柄の冷却タオルをかけながら園内をまわっていました。

タオルに氷をつくるスプレー

私はあんまり好まなかったのですが、うちの子は、帽子にスプレーをかけるととても喜んでくれました。

人に向けてかけないよう注意です。

クーラーボックス

移動が車の際は、氷と一緒に飲み物を入れておくと移動中や戻ってきた時も冷たいものが飲めて良かったです。
レンタルDVDなど、車内で熱くなったら不安なものもクーラーボックスに一時収納しました。

↓同じではないけどこんな感じのものです。

暑い季節がまだまだ続くので熱中症にはくれぐれも気をつけてお過ごしください。

まとめ

まとめると、

・志摩スペイン村には水遊びできる「ウォーターシンフォニー」と「チャプチャプラグーン」があってとても楽しめた。

・追加料金はかからないので、水着や替えの服、タオルはぜひ持参したほうがいい。

・夏の屋外での遊びは熱中症になりやすいので、こまめに水分とったり暑さ対策も。

でした。

まだまだ暑い日が続きます。

時々休憩を挟みながら、楽しい夏の思い出が作れるといいですね。

お子様によってお好みはあるかと思いますが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事