スポンサードサーチ

くらしグッズマガジンのくるくまです。いかがお過ごしでしょうか。

すっかり4月。新生活が始まる方もいるのではないでしょうか。

今日は、短時間でできる普通の朝ごはんの作り方です。

普通なら書くな!って感じる方はすみません。

10分でできて、我が家で人気で、飽きることもなく、らくちんなあまり私はよく作っています。

1人分作ることも、夫と子どもの分(私の分は、おかずだけ先に作って置いて食パンは2順目で焼きます

パン食の方向けで1~2人前くらいまで対応できる作り方です。(グリルやトースターに入ればもっとたくさん)

トーストを焼きながら、ソーセージ、スクランブルエッグを用意して、1皿に盛り付けます。

ソーセージをベーコンに変えたり、野菜は火の通りが良いものや、昨晩のおかずを使っても大丈夫です。

 

スポンサーリンク

忙しい朝に10分で作る簡単定番朝ごはんレシピ!「トースト・ソーセージ・スクランブルエッグのモーニングプレート」

朝ごはん作りについて

朝は、忙しさがつきものです。

幼稚園や保育園、学校に、間に合うように用意する必要があり、また、寝起きは頭が働かない(笑)

なので、思いつかないときでもメニューが決まっていると楽です。

深く考えず、「朝はこれ!」としておくと、忙しい時間もストレスも軽減されます。

うちの子のプレートでは、(現在、うちの子は3歳)パンを小さめに切ったり、イチゴジャムをはさむこともあります。

加えて、葉物の野菜が苦手なので、コーンやりんごにかえるときもあります。

薄めの食パンについて

また、最近、気が付いたのですが、私は、4枚切などの厚めのものより8枚切や10枚切りといったうすめのパンをカリカリに焼くほうが好きです。

一斤を何等分に切るかによってかわる何枚切りという表現ですが、コンビニでは4枚切や6枚切のものが多く、スーパーでも、10枚切りを置いていないお店を見かけました。

クックパッドを見ていたら、5枚切りを半分に切っている方もいました!(10枚切の厚さになります)

食パンとソーセージ・スクランブルエッグのモーニングプレートの作り方

材料(1人分)
・食パン 1枚(見本は10枚切)
・卵 1個
・バター 大さじ1
・マヨネーズ 小さじ2
・ソーセージ 3本
・キャベツ 1枚くらいまたは白菜 葉さき 7cm程度(トマトや軽く炒めた小松菜などでも)
・ナッツ 2粒(もしあれば。なくても大丈夫)
・ドレッシング(好きなものを見本は青しそドレッシング)
道具
・フライパン
・まな板
・包丁
・卵を混ぜる器
・盛り付ける器、カトラリー
我が家では、こんな感じの木製(アカシア)のお皿を使っています。

レンジや食洗機は使えないものの、割れにくく、木の温もりがあって、気に入っています。

作り方
※時間があるときに1人分で作った写真です。作る人数に合わせて調整してください。
1.食パンをオーブントースターやグリルなどで焼き始める。(見本はグリル)
2.ソーセージをフライパンにのせ、弱火〜中火で焼く。
3.その間にキャベツ(や白菜)を千切りにする。ナッツを砕く。
4.器に卵を割り、マヨネーズを入れる。食パンの焼け具合をチェックする。ちょうどいい焼き具合で取り出しておく。
(写真はちょっとマヨネーズ入れすぎたかも…)
5.ソーセージをお皿に出して、(焼けてなかったらそのまま焼けるまで端に置いておく) フライパンに卵液を注ぐ。
卵を端でぐるぐるかき混ぜて、スクランブルエッグ状にし、卵が半熟の状態で火を止める。
6.お皿に取り出して盛り付ける。野菜にドレッシングをかける。 
7.飲み物を用意して完成!

トーストとソーセージエッグモーニングプレートのポイント

ソーセージの代わりにベーコンでも、キャベツの代わりにトマトや炒めた小松菜でも(火通りが速いものがよい)替えて作れば、冷蔵庫にあるもので作りやすいです。

お好みで、フルーツやヨーグルトを添えたり、かえたりしてもよいかもしれません。

卵は、お好みでケチャップをどうぞ。

トーストとソーセージエッグモーニングプレートの欠点

グリルやオーブントースター、トースターに入る食パンの量を考えると一度に2人分が限界かなという感じもあります。

我が家では、3人分作る場合は、1人ぶんをあとで焼いたり、わたしだけご飯(白ご飯にのりたま)にしたりしています。

まとめ

まとめると、

・トーストとソーセージエッグのモーニングプレートは、食パン焼きながら、ソーセージと卵を焼き、大きめのお皿に一気に盛り付けるワンプレートメニュー。

・不器用な筆者が日頃10分で、1〜2人分作っているレシピ。

・ソーセージの代わりにベーコンでも、キャベツの代わりにトマトや炒めた小松菜でも(火通りがはやいものがよい)替えて作れば、冷蔵庫にあるもので作りやすい。

・お子様にはパンを小さめに切ったり、ジャムを挟んでもよい

でした。

スタンダードで飽きがこない時短レシピです。

こんな朝食、当たり前だわ!という方はごめんなさい。

人によってお好みがあるかとは思いますが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事