スポンサードサーチ

くらしグッズマガジンのくるくまです。いかがお過ごしでしょうか。
夫が買ってきてくれてから、最近わが家で好評の桃屋のきざみしょうがを紹介したいと思います。
サラダやお寿司、お刺身にかけるといつもの味わいと全然違って美味しいです。

スポンサーリンク

脱マンネリ!サラダやお刺身や生姜焼きにも桃屋のきざみしょうがはいかが?刻んだだけではなかった味や調理例を紹介します

桃屋のきざみしょうがとは

桃屋から販売されている商品で、刻み生姜、チキンエキス、ごま油を使って作られた調味料です。冷奴、サラダ、イカ焼きなどいつものメニューに加えて使います。110gの通常版と205gのお得版があります。スーパーでもよく販売されています。
食べるラー油シリーズのような瓶詰めで、加熱の必要はなく生のものにもそのままかけて使えます。

生姜を刻んだだけではなかった

今まで店頭でみたときは、チューブのおろししょうがみたいにしょうがをただ刻んだだけのものだと思っていたんですよね…。

実際そのまま食べるとチキンエキスなどが入っていて、鶏ガラベースの味がします。(弱めの味付け)
そのまま食べると、餃子を思い出す味。サクサクした食感があり、香りがいいです。お子様には辛いのでおすすめできませんが、大人なら問題ないと思います。

また、私はもともととてもしょうがが好きなので、抵抗なく食べましたが、日頃しょうがを好んで食べない夫が

すごく美味しい!!!

といいながらパクパク食べていたのが、印象的でした。

我が家だけかなと思い、Twitterでも調べてみたらお好きなかたがいるようです。

実際に開けてみると

実際にあけてみるとこんな感じです。


豆腐サラダにのせてみました。普通のドレッシングだけとは香りも味も全くかわるので不思議です。

おすすめの食べ方は

お刺身(生エビ、帆立、カツオなど)やサラダ、お寿司など生のものにのせると美味しかったです。味が強くないので、醤油をつけたり、ドレッシングをかけたり、通常の食べ方にプラスするのがよいです。また、ゴマドレッシングと相性がよかったです。

また、生姜焼きや皿うどんにも入れています。

生姜焼きは、こんがり焼いた豚の薄切り肉に、作った調味料を(醤油:小さじ2、はちみつ:小さじ1、刻み生姜小さじ1)絡めて、少し加熱し、作ってみました。(薄切り肉がくっついてしまいました…。上手ではなくすみません。)

皿うどんに昨日入れたら、小籠包の味に変化したのがとても不思議でした。

クックパッドをみるとホタテのカルパッチョに使っていたり、おにぎりに混ぜているかたも!いろいろな食べ方があるなあと思いました。

Cookpad-ほたてのカルパッチョ

Cookpad-生姜とワカメのおにぎり

きざみしょうがの欠点

しょうが嫌いの方と小さなお子様には生姜が辛く感じるかもしれないので、おすすめしないのと、ちょこちょこ使っていたらあっという間になくなってしまったことです。

ネットショップでもスーパーでもお得サイズを見つけられなかったので、(2018年1月現在)大きめサイズも気軽に購入できたら便利だなと思います。

まとめに

まとめると

・桃屋の刻みしょうがはしょうがを刻んだものにチキンエキスや油を加えてコクを出した調味料

・サラダやお刺身などに入れるといつものおかずと違った味わいに(ゴマドレッシングと相性がよかった)

・豚の生姜焼きを作るときに便利!

でした。

我が家では、旦那さんがこれを期に生姜好きになっていたことが印象的でした。(驚きました)
中身がなくなったのでまたスーパーに買いに行きたいと思います。

お好みがあるかと思いますが、気になるかたはお試しください。

スポンサーリンク
おすすめの記事