スポンサードサーチ

くらしグッズマガジンのくるくまです。

 

9月からうちの子が幼稚園(満3歳児入園)に入園し、10月になってさっそく運動会だったので行ってみました。行ってみないと分からない未知の世界ですね。

 

園によって大きく違うのでしょうが、ご参考になれば幸いと思い、書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

必ずしも幼稚園でやるわけではない

入園するまで、幼稚園の園庭でやったりするのかなと思っていました。(園庭でかわいくみんなでお遊戯のイメージ)

 

園によって違うのでしょうが、実際は、近くの大きめの公園や運動場で行う幼稚園も多いようです。

 

うちの子が通う幼稚園も平日に運動場(ドームのような悪天候でもできる場所)を借りてやりました。(予想以上に規模が大きく、行ってみて私の記憶の中の運動会と違うぞ….と思いました)

 

今のお子様は特に1人に対して、両親、母方、父方の両祖父母を合わせ最大6人来ることを念頭に置いているようです。(いろんなご家庭あると思うのですが)

 

100人収容の園で600人、300人収容の幼稚園で1800人の来客ということでしょうか。

 

開始前

※開始前の様子。運動会ってこんな規模だったろうか…

ビデオや一眼レフカメラ撮影について

会場イメージ

ビデオ席(見やすい席)の存在

事前にもらった資料の地図のトラック周辺あたりに、ビデオ席の文字が…。

 

ビデオ席って何かしらと思いつつ、深く考えず会場へ行ってみると競技トラックの周辺をぐるっと囲むように、みんな敷物をこぞってしいて場所取りしているではありませんか!(明らかに観覧スタンド席より近くてみやすい!)

 

今年は、ふんわり参加してイメージを掴めればよいと思い、動画も少し撮影できる手持ちの一眼レフカメラしか持っていなかったのですが、夫が車にたまたま積んでいたレジャーシートを引いてビデオ席の場所をとるのでした。

 

体操やかけっこは、その席に座り、目一杯ズームして、動画や写真を撮りました。(よかった!)

 

ただ、めちゃくちゃズームにはできないので(周囲3〜4人も映るくらい)こういうときの為にみんな望遠レンズというものを買うんだなと感じました。

 

特徴的だったのは、「ビデオ席は三脚禁止」だったことです。たくさんの方が撮れるようにということなのかもしれませんね。

 

なので、三脚を立てて撮影する方は、観覧席の後ろ(ライブでいえばスタンド後方立見席って感じ)、遠い場所にカメラを設置していらっしゃいました。さらに、ズームしないと…映らないよなあ…。

 

園によって様々かと思いますが、運動会についての独特のルールみたいなものが各園あるのかなと感じました。

 

ビデオカメラは高倍率ズーム、一眼レフは高速AF(オートフォーカス)があると便利そう

こうなってくると、想像以上に遠くからのビデオ撮影になる可能性もあるんだなと実感しました。ビデオ席で撮ることも考慮して、手ぶれのしにくい(三脚立てられないかも)、高倍率ズームが可能なものがいいなあと感じました。
ビデオカメラは詳しくないので、電気屋さんにもおすすめを聞いてみたいと思います。

 

一眼レフの写真撮影については、手持ちのCanonのEosKissを持って行ったのですが、運動会用に用意するならオートフォーカスが早いSONYのαシリーズの方がよさそうだなと感じました。(実は以前迷って、速度より色を優先し、買わなかった機種です。)

お弁当について

小さい子は午前中で解散 & お弁当不要の場合も

これも園によって違うのでしょうが、満3歳クラス、年少クラスは午前中までで解散でした。

祖父母は少しがっかりしていましたが、やってみると妥当な判断だなと感じました。

 

なぜかというと、集中が長時間持たない感じが見受けられたからです。慣れない状況に最初は目新しく楽しかったものの、12時近くになる頃には、疲れてしまったり、遊びたくなったり、眠くなったり、それぞれに、おうちに帰りたそうな雰囲気が目立ってきました。

 

午前で終わった初めての運動会、最後は可愛いメダルの首飾りをもらい、

 

うちの子
わーい!!!金メダルもらったよ!!!

 

うちの子は大満足なのでした。

大人数で食べる際、1人分づつ分かれているお弁当は快適

午前中の運動会が終わった後、祖母が作ってくれたお弁当をみんなで食べました。そのときは、1人分ずつ作っていただいて、敷物を会場内の飲食スペースに広げて食事をしました。

 

果物等、みんなでとって食べるものもあったのですが、基本的には、1人分づつ分かれてパックに詰めて頂いていたものを頂きました。

 

そのとき感じたのですが、おかずを譲り合う必要も無く、いなりずしをいくつ食べたか考える必要も無く、ほどよい距離感もあり、1人分ずつ分かれているってすごくいいな!と感じました。

 

お弁当

※ちなみにお義母さんが制作したうちの子へのお弁当が素晴らしかったです。(私のような弱小マザーとは違うな)確かな技術力と孫への深い愛が感じられます。夫が「俺、こんなの作ってもらったこと無いぞ」と言っていたのが印象的でした。

 

ごみを持ち帰れる袋も忘れずに

会場にもよりますが、ごみは基本的に持ち帰りのところが多いかと思います。まとめやすい、大きめのゴミ袋を持っていけばよかったなと感じました。

 

また、キャンピング用のカートを持ち込んでいるかたもいて本格的だなあと感じました。

 

まとめに

まとめると

運動会は必ずしも幼稚園でやるわけではない

・近くの公園や天候に左右されない屋内運動場などを借りて行う園もある

撮影について

・ビデオ席なるものが存在した(うちの子の場合)

・ビデオ撮影は高倍率ズームのものを、一眼レフは高速AFがあると便利

お弁当について

・小さい子は早めに解散 & お弁当不要の場合もある

・1人分ずつに分かれたお弁当は大人数で食べるのに快適

・ゴミは捨てられないことが多いので、持ち帰られる袋も必要

 

でした。

 

幼稚園や保育園によっていろいろ雰囲気やルールも違うんでしょうね。参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事