スポンサードサーチ

くらしグッズマガジンのくるくまです。いかがお過ごしでしょうか。
今日はバレンタインのお菓子レシピを紹介したいと思います。

ローソンで売っているチョコレートシリアルと、ドライフルーツやナッツを、マシュマロで固めてみました。
とても美味しかったのでオススメです。

スポンサーリンク

ローソンにある材料で!バレンタインに「ドライフルーツとナッツのチョコレートシリアルバー」はいかが?簡単レシピ

チョコレートシリアルバーの作り方

チョコレートシリアルバーの材料(2cm×6cmの型 16個分)

・ヨーグルトマシュマロ 15個

・ドライフルーツ&ナッツ 袋3/2程度

・ローソンセレクトチョコフレーク(75g) 2袋

・オリーブオイルなど油 大さじ1

ドライフルーツ&ナッツについて


出典:ドライフルーツ&ナッツ|ローソン

ドライフルーツ&ナッツはナチュラルローソンのお菓子です。
クランベリーとブルーベリー、ナッツが入っています。

小袋で少量に仕上がっているのでお菓子作りのトッピングに便利なサイズだと感じました。

ヨーグルトマシュマロについて

出典:ヨーグルトマシュマロ|ローソン

中にヨーグルトゼリーが入ったふんわりしたマシュマロです。
ローソンにあるもので選んでいますが、普通のマシュマロでも問題なく作れます。

ローソンセレクト|チョコフレークについて

出典:チョコフレーク|ローソン

ローソンセレクトの森永チョコフレークです。コーンフレークにチョコレートがコーティングされています。
チョコレートシリアルを使うとバレンタイン向きのチョコレートお菓子が簡単にできます。

使う道具
・小鍋
・混ぜるもの(木ベラ、スプーンなど)
・シリアルバー用シリコン型(なければ小分けにできる箱やケース)

シリアルバー用シリコン型(ドルチェシリコンモールド)について


今回100円ショップ(Seria)でシリコン型を使用しました。サイズは、cm×cmです。

実は先日大きいもの(お弁当箱サイズのもの)を作って包丁で切ろうとしたら、思わぬ場所でばきっと割れました。

小分けにしてから冷やすのがオススメです。近しいケースが見つからない場合は、熱いうちに小さくラップにとって丸めてぎゅっと固めるのものいいかもしれませんね。小さく丸めるとこんな感じになります。

以下のようなものが参考です。(サイズは見本と違います)

作り方

1.チョコレートシリアルの袋を開けて、袋の上からシリアルを潰します。
(以下の写真よりしっかり細かく潰した方がいいと思います!)

2.ドライフルーツとナッツを包丁で刻みます。

3.小鍋に油をひき、マシュマロを入れて、弱火で溶かします。(中火にしたら焦げたので注意)

4.溶けたら、チョコレートシリアルを加えて混ぜます。

5.型にドライフルーツとナッツを乗せて、上からシリアルを乗せ、ギュッっギュッっと押さえてつめます。

6.冷蔵庫に入れて1〜2時間ほど冷やし、型から外して完成です。

チョコレートシリアルバーの味

加熱したシリアルのザクザクして香ばしい食感と、ドライフルーツの甘酸っぱさが美味しいです。
バレンタインを意識していないのであれば、市販のグラノーラのみで作ってもいいですね。

チョコレートシリアルバーの欠点・制作反省点

割れやすいところがあります。持って崩れることはないのですが、お弁当箱に詰めた大きなサイズを切り分けようとしたら、割れてしまいました。

ですので、小分けにした状態で冷やし固めるのがオススメです。

また、もっとシリアルをしっかり潰していたら、四角い形がより綺麗に保てたかもなあと思いました。
皆さんがもしつくる際は、しっかり潰しましょう。 また、鍋や混ぜる時に 使うヘラやスプーンなどにシリアルがこびりつくので、洗う際は、使った鍋にお湯を沸かしてこそげとったり、コップにお湯を入れてその中にスプーンをつけたりすると取れやすくなります。

100円ショップ(Seria)のアイテムでラッピングしてみました


100円ショップ(Seria)で売られていた袋を使ってラッピングしてみました。チョコレートバーを1つづつサランラップで包んでから袋に入れました。右側に2箇所、穴を開けて付属のひもを通して固定しています。

 

まとめ

まとめると、

・ローソンに売っているヨーグルトマシュマロ、ドライフルーツ&ナッツ、森永チョコレートシリアルを使ってシリアルバーを作った

・ザクザクした香ばしい食感とドライフルーツの甘酸っぱさが美味しかった

・冷やしてから切ると割れたので、小分けにしてから冷やすのがオススメ

・シリアルはしっかり細かく潰した方がいい

でした。

家族に配る間もなく全部食べてしまいました。(コラ!)美味しかったです。
人によりお好みもあるかと思いますが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事